プライブ グラスオール の冬に必要な徹底した保湿ケア

プライブ グラスオール の美肌情報より、
冬の寒気と乾燥が肌にもたらす悪影響を
前にご紹介したんですが、続いて“徹底した保湿ケア”法を
ご紹介したいと思います♪
冬の寒気と乾燥と肌荒れの関係は←こちらです。

冬の寒気は肌に乾燥を与え、
代謝まで悪くするので、
お肌は乾いてくすみがちになるんだそうです。

なので、冬のスキンケアにはやっぱり“保湿”が大切なんです。
しかも徹底した保湿ケアが必要なようなので、
その辺のケア法をご紹介します。

徹底保湿で冬美人♪


●冬のスキンケアはとにかく保湿が大切!
冬の乾燥シーズンは、
保湿ケアのなかでも『肌本来の保湿力を高めるお手入れが必要』
だとグラスオールは考えています。

角質細胞の中に存在する天然保湿因子(NMF)には、
水分を角質細胞内に蓄え皮膚を柔らかくする働きがあります。

その大切な水分を逃がさないように
角質細胞の周りを固めているのが“角質細胞間脂質”と言います。
この2つの細胞が正常に働くことで、“肌本来の保湿”が保たれる
ってことになるんだそうです。

シャンパン酵母エキスには、
NMFと同様の成分が含まれているので、
外からうるおいを与えるだけでなく肌本来の保湿機能を
サポートすることができるんですよね♪

『冬の肌は1年でもっとも乾燥しているので、
他のシーズンよりも多めの量で保湿ケアするようにしましょう。』

とのことヽ(´▽`)ノ

グラスオール が薦めるのは、
やっぱりコットンを使ったスキンケア!

1:まず肌をうるおすために、
  ローションエッセンスをコットンにたっぷりとります。
  パッティングは念入りにすればするほど効果がでますし、
  隅々まで保湿成分が行き届きます。

  さらに効果を求めたい方は、
  ローションをたっぷり含ませたコットンを肌の上にしばらくのせておく
  コットンパックがおすすめです。

2:ローションをきちんと浸透させると肌が柔らかくなり、
  美容液やクリームの浸透が高まります。
  肌機能が低下している冬は、保湿成分がギュッと凝縮された
  濃縮型美容液コンクエッセンスで十分なうるおい補給をします。

  特に乾燥が気になる部分には重ねづけを。

3:次は、ディープモイスト24でうるおいを逃がさないよう蓋をします。
  クリームにはお母さんのお腹の中の赤ちゃんの肌を
  覆っているクリーム状の脂「胎脂」に似た独自成分「モイスチャーリピッド」
  を配合しています。

  胎脂は成人皮脂に対し、抱水性(水を抱え込む力)が3倍、
  保水性(抱え込んだ水をキープする力)が2倍あり、
  驚異のガード力で肌のうるおいを閉じ込めます。

  日中の乾燥に負けないためにも、
  クリームは夜だけでなく朝もお使いください。
  クリームをきちんと塗ることで1日中肌のうるおいが持続し、
  ファンデーションののりも良くなります。

4:最後はアイジェリークリームです。
  顔の中でも皮膚が薄く皮脂量が少ない目元はもっとも乾燥しやすく、
  小ジワや疲れが目立つ部分です。

  夜おやすみ前に使用するのはもちろんのこと、
  朝ベースメイクの前に使うことで目元がピンと張り、
  シワを目立たなくさせるとともにファンデーションのヨレも防げます。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
やっぱり、スキンケアは基本を忠実にしっかり丁寧にやるのが、
一番良いようですね。
これを毎日しっかり続けることで、肌はしっかり潤いを保てる
状態になっていきます!
潤いを保持できる肌は、ダメージを受けにくくなるので、
素肌美人になれること間違いなしですよね^^

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ