肌のしくみを知ることが美肌の一歩!1

肌が荒れてしまった時、
あせって化粧品ばかりを買い換えるって人が少なくないのだそうです。。。

これは、化粧品のことばかりに気がいってしまって、
自分の肌のことをじっくり見れていない証拠だと思うのです。
『何のために化粧品を買うのか?』
それは、みんな同じですよね。
『キレイな肌でいたいから』ではないかなぁって思います^^

だったら、まずは自分の肌のことをもっと知るべきなのでは?
と思ったのです。
自分の肌のしくみ、そして性質を知ることで、
キレイな肌を育てられるのだと皮膚の専門家の方も
言っておられました♪

肌の仕組みが分かると、自分の肌の変化などにも気づきやすいし、
その原因も分かるかも知れませんよね^^


●肌(皮膚)の構造を知る。
皮膚は、表皮、真皮、皮下組織で構成されています。
中でもコスメのパンフレットや、美容用語としても頻繁に耳にする
“表皮”“真皮”の構造は軽く知っておくと、
すっごく役に立つと思うので、知っておきましょう♪

《表皮とは…》
肌のしくみ
表皮とは皮膚の一番外側、肌の表面の部分のことをいいます。
よくコスメ系のCMや美容雑誌などでも耳にする
“角質(かくしつ)”も、表皮の一部なのです。
角質とはいわゆる垢(あか)のことで、
表皮のさらに表面を覆う感じにあり、“死んだ細胞”のことなんだそうです。
この層を“角質層”と呼び、その下にある生きている細胞の“表皮細胞”とを
ひっくるめて“表皮”と呼ぶのですね^^

《角質層とは…》
上にも書いた通り、肌の一番外側にある、表皮細胞が死んでしまったもの(=垢)
のことです。約30%ほど水分を含んでいます。

角質は垢といっても全てが不要で汚いものってワケではなく、
ちゃんと大切な役割も果たしてくれているのです。

皮膚は何かと触れたり、擦ったりといった外部からの刺激があるものですが
そいったすべてのものから肌を守ってくれているのです。
さらに、肌の内部の水分が外へで、蒸発しないように守るという、
“バリア”の役割も果たしてくれてます。

このバリア機能はかなり肌にとって大切な役割なので、
詳しくはこちらに書きます^^
→肌のバリア機能って何?

角質層はやがて不要な垢となって剥がれ落ちていきますが、
この仕組みを“ターンオーバー”とよんでいます。

※ターンオーバーについてはこちらに書きました。
ターンオーバーとは…

《角質より下の表皮細胞について…》
角質層と違って生きた細胞でできています。
表皮は顔で言うと、0.1ミリほどの厚さで、約65%の水分を含んで
いるのだそうです。
外部からの刺激に反応して、その情報を神経に伝えたり、
異物をキャッチしてアレルギー反応を起こす時もあるのだとか^^;

表皮細胞の一番底にあたる、“基底層”から新しい細胞がうまれ、
約28日間かけて、角質層に到達し、はがれ落ちるといった
仕組みで肌は生まれ変わり、これをターンオーバーとよんでいます。

基底層には“メラサイト”という、“メラニン”色素をつくりだす細胞もあります。
メラニンはあの厄介な“シミ”になる素です!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
続きの“真皮”については↓こちらに書きました。
→肌のしくみを知ることが美肌の一歩!2

真皮はあの美肌の代名詞のように使われている
“コラーゲン”がある層でもあります^^
ぷるんぷるんお肌にはるには、まずは構造を知る!
これは基本中の基本ですよね♪

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ