冬の寒気と乾燥と肌荒れの関係

少しづつ寒くなってきましたね!
ちょうど今ごろから始まる肌の悩みと言えば「乾燥!」だと思います。
しかし、冬の肌トラブルの原因はそれだけではありません。
寒さにも関係しているのだそうです。

冬は肌の働きが1年で最も低下してしまう時期でもあるのです。

冬の寒気や室内の乾燥。。。そいった原因が重なることで、
肌トラブルが起きやすい状態になってしまうのです。。。

ということで、冬の寒さや乾燥などが肌にどういった悪影響を与えているのか?
などについてココでは紹介したいと思います。


冬は、1年のなかで気温と湿度がもっとも低くなる時期です。
外気の乾燥に加え、
暖房で乾燥した室内でも肌のうるおいは奪われ、
皮膚の表面はカサついたり、ゴワついたりとしがちになるのです。
美肌情報
水分保持力や皮脂量も低下するので、
肌は内側からもうるおい不足になっていきます。

さらに、気温の低下と共に皮膚温も低下しますよね。
皮膚温が低下すると血液循環が悪くなります。
すると代謝が悪くなり、
皮膚への栄養補給や皮膚からの老廃物の排出を滞らせるので、
肌の乾燥や肌荒れ、くすみなどの原因になってしまうです!!

プライブ グラスオール
プライブ グラスオール
そうです!ただたんに乾燥だけではないのです。

冬は、表のように肌本来の機能がもっとも低下する季節です。
寒気や乾燥から肌を守るためには徹底した“保湿ケア”と、
血液の流れ(血行)を良くするお手入れが重要なことがわかりますよね!

ってことで、基本のスキンケアを、
“蒸す”ケアに変えてみるのが良いかもしれません^^
スキンケアの基本は肌を蒸すこと?!

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ